ヒップのたるみを引き締め解消する筋トレ

若い頃はこんなにお尻はたるんでなかったのに・・・

年齢を重ねると体のいろんなところにたるみが見えてきますが、特にお尻のたるみに関しては、鏡の前にいざ立つと「うわ〜・・・」と感じてしまいやすいですよね。

夏の時期なんかは、こんなお尻じゃ海で水着なんて着れたもんじゃないわって感じのだるんだるん具合。

ただ、このだらしないヒップのたるみは筋トレでバッチリ解消することもできます。

解消どころか、本気で取り組めば今まで以上にかっこいいお尻をゲットすることだってできます。

そこで今回は、ヒップのたるみを引き締め、たるみを解消する筋トレについて紹介していきます。

かっこいいヒップは女性にとって憧れだと思いますので是非参考にしてみてくださいね!

「下半身デブだと言われ続けるのはもう嫌だ・・・」

今まで色々ダイエットを試してみたけど、足は細くならないし、痩せるのは胸だけで何も変わらない。

履いて寝るだけで、ここまで足痩せ効果があるの!?と感じてしまうのが寝る時専用レギンスのパエンナスリムです!

何も努力せずに履いて寝るだけで、脚やせやむくみ解消、ヒップアップの効果が期待できるし、楽して美脚に近づくための嬉しいアイテム。

パエンナスリムで脚痩せに成功した女性にあなたも入ることができると思いますよ^^

>>【寝ながら美脚作り!】パエンナスリムの詳細と効果大の脚痩せ!

ヒップ(お尻)のたるみを解消するメリット

 

ヒップのたるみで悩んでいませんか?

 

ヒップは脂肪が溜まりやすい箇所であり、特に女性にとっては悩みの原因となる部位だと思います。

 

このお尻がたるむ原因としては運動不足による筋肉の減少や座りっぱなしの姿勢、加齢が考えられます。

 

もともとお尻には脂肪が溜まりやすいことから、ある程度たるんでしまうのは仕方ないと考える人もいると思いますが、このお尻のたるみも運動によって解消することは可能です。

 

特に今回紹介する筋トレメニューを取り入れることで、健康的で引き締まったお尻にすることも可能。

 

さらに、このお尻のたるみを解消することで得られるメリットは実はたくさんあります。

 

まず、デニムなどのタイト目のパンツを履いた際のシルエットが美しくなること。

 

やはり女性はいつまでもおしゃれでありたいものですよね。

 

きれいで形の良いお尻にすることで、どのようなスタイルの服装でも似合うようになります。

 

しかし、お尻のたるみを解消することのメリットはこれだけではありません。

 

まず、ヒップのたるみを解消することのメリットとして、姿勢を改善することが可能になります。

 

元々、お尻がたるんでしまう原因の1つに姿勢の悪さがあります。

 

日本人には比較的多いのですが、猫背姿勢を続けていると、お尻がたるみやすくなります。

 

逆に言えば、お尻をしっかりと引き締めれば、姿勢も改善され背筋が伸びやすくなります。

 

正しい姿勢を保つことで、腰痛などの体の不調も引き起こしにくくなり、運動によってお尻の筋肉を鍛えることで、血行が改善され代謝もアップします。

 

お尻の筋肉(大臀筋)は大きい筋肉であり、ここを鍛えることで体全体の代謝をアップさせることも可能になり、ダイエットもよりスムーズに進むようになります。

 

ヒップのたるみの引き締めに乗り出すことで、体全体のダイエット効果がアップするので、こんな大きなメリットはないですよね。

 

かっこいいお尻もゲットできて、体の他の部分の脂肪燃焼もアップするんですから。

 

筋肉は下半身から衰えてきます。

 

そして、お尻の筋肉も下半身の筋肉に含まれますが、股関節の動きに関与します。

 

よって、お尻の筋肉を鍛えることは、丈夫な下半身を維持する上でも大事なことといえるんです!

 

ヒップ(お尻)のたるみを引き締め解消する筋トレ

 

以下では、お尻を引き締め、たるみを解消する筋トレメニューについて紹介していきます。

 

どのトレーニングも自宅でできるものですので、気軽に取り組めるものとなっています。

 

自宅で簡単にできるといっても、ヒップのたるみ引き締め効果は高いものとなっているので、是非実践してみて下さい!

 

ヒップリフト

まず、ヒップリフトについて解説します。

これは仰向けに寝た状態でお尻(ヒップ)を上げる(リフト)動作を行うことでお尻の筋肉を引き締める効果があります。

仰向けに寝た際、膝は立ててください。

その状態で腰を曲げるようにしてお尻を上げていきます。

簡単な動作ですが、意外ときついのがこのトレーニングの特徴。

お尻を上げた際には数秒その状態でストップすることで、よりお尻に刺激が入ります。

基本的な動作に慣れてきたら、片足だけで体重を支えたり、バランスボールに足を乗せて行うという様な形で、徐々にレベルを上げていくといいでしょう。

【ヒップリフトの参考動画】

 

スクワット

下半身トレーニングの基本種目であるスクワットも、お尻のたるみを解消させる上で効果的です。

やり方としては、なるべくお尻に刺激が入るように、腰を下ろした際にお尻に体重をかけることを心がけましょう。

腰を下ろした状態で数秒キープすることで、よりお尻の筋肉を鍛えることができます。

まずは自重で行い、回数を10回できるようにしましょう。

スクワットは応用が利く種目ですので、ジャンプスクワットを行ったり、ダンベルを持っている方であればそれを持ってスクワットを行うことで、より負荷をかけることができます。

ただし、あくまでもお尻のトレーニングですので、足にばかり意識がいかないようにしましょう。

【お尻に効くスクワットの参考動画】

 

ランジ

ランジもお尻を鍛えるうえでは効果的なエクササイズになります。

やり方としては、まずまっすぐに立ち、その状態から片方の足を前にぐっと踏み出します。

踏み出した際、しっかりと体重を出した足に乗せ、お尻にも刺激が入るようにしましょう。

こちらも最初は自重で行えれば十分です。

スペースがあれば片方ずつの足を出しながら歩いていき、場所が確保できない場合には片方の足を出したら戻し、もう片方の足を出すという方法で行ってください。

慣れてきたらダンベルやペットボトルを持って行うことで、より強い刺激を感じることができます。

【ランジの参考動画】

 

ドンキーバックキック

狭いスペースでも行うことができるのがこの種目。

やり方としては、まず四つん這いの状態になります。

背筋はまっすぐに伸ばすようにしておいてください。

その状態から、片方の足を後ろに上げていきます。

可能な限り高いところまで足を上げ、これを左右10回ほど繰り返しましょう。

腰への負担を考えて行うように注意してください。

【ドンキーバックキックの参考動画】

 

寝た状態で行うレッグレイズ

次は、レッグレイズです。

まず、うつぶせに寝ます。

その状態から足を上げ、元の位置に戻します。

戻す際にはできる限りゆっくり戻すようにしましょう。

地味な運動に見えますが、左右10回ほど行うと、お尻の当たりがかなりきつくなってきます。

注意点としては、腰にも負担がかかるので、腰が弱い方は様子を見ながら行うようにしてください。

【寝た状態で行うレッグレイズの参考動画】

 

まとめ

 

今回は「ヒップのたるみを引き締め解消する筋トレ」について紹介していきました。

 

昔はこんなにひどくなかったのに、歳をとるごとにたれがひどくなっていくヒップ。

 

ヒップのたるみを引き締めたいと思うことはあっても、なかなか効果的な方法がわからず実践にうつせない状態が続いているんじゃないかと思います。

 

ヒップのたるみを引き締め解消すれば、健康面でもプラスになる上、オシャレに関してもパンツが似合う体型になり、よりオシャレに磨きもかかるので嬉しい事づくしです!

 

是非、今回紹介したヒップのたるみを引き締める筋トレを実践して、プリッと上に持ち上がってヒップをゲットできるように頑張ってみてくださいね!

 

着圧レギンスが今かなり人気注目の誰でも簡単に美脚を作るためのダイエットグッズ!

この着圧レギンスの効果で、芸能人やモデルさんのような細い足をゲットした方も結構います。

しかし、そのおすすめの着圧レギンスの中には足痩せ効果があまりないものも増えています。

そこで当サイトの管理人が実際に使ってみた着圧レギンスの口コミやダイエット友達の意見も参考に、着圧レギンスをランキング形式にしてみました!

着圧レギンスの選び方も一緒に解説しているので、着圧レギンスのチェック項目も一緒に確認し参考にしてみてくださいね♪

>> 人気の着圧レギンスおすすめランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA