脇腹や横腹の脂肪がつく原因と落とし方

お腹の前側の脂肪も気になるところですが、その前に突き出したお腹や下っ腹の脂肪が解消されても、案外見た目が変わらなかったりします。

その原因こそ、脇腹や横腹にあります。

脇腹や横腹にだるんだるんの脂肪がついているとくびれもなくなりますし、横に大きく見えてしますので、結果外見の印象がそこまで変わらなかったりする場合があります。

前に突き出したお腹の脂肪が引き締まるだけでもいいのはいいんですが、どうせならお腹周り全体の脂肪を落としたいですよね。

そこで今回は脇腹や横腹の脂肪がつく原因と落とし方を紹介していこうと思います。

「くびれをを作って細く見られたい!」

腹筋をやってるけど、一向に横腹の脂肪は取れないし、くびれも出てこない。

理想のくびれを作るために色々と頑張っても、横腹が全く引き締まる気配がないという悩みがあるのであれば、くびれを楽に作るための着圧シャツのカーヴィーフィットがおすすめ!

今よりもさらにスリムになりたいのであれば、くびれとカーヴィーフィットは相性抜群!

綺麗なくびれを作っていくために、きつい腹筋を行わないといけないと思うかもしれませんが、カーヴィーフィットを使って、もっと簡単な方法で理想のウエストラインを作ることが期待できます!

できるだけ簡単にくびれを作りたいならば、筋トレなどの運動だけでなく、このカーヴィーフィットを使えば理想の引き締めボディにどんどん近づいていくことができますよ^^

>>【美圧ブラトップ!】カーヴィーフィットの詳細とビックリのくびれ効果!

脇腹&横腹の脂肪がつく原因

 

気づいたら脇腹の肉がついてきたという経験をされた方はいらっしゃいますか?

 

日ごろの運動不足や不摂生、不規則な生活により、お腹周り、特に脇腹にぜい肉がついてしまうというケースはよくあります。

 

まず認識すべきこととして、脇腹などのお腹が太ることは「肉」がついたというわけではありません。

 

「肉」というのは「筋肉」のことであり、一般的に「ぜい肉」と呼ばれる部分は「脂肪」という事。

 

つまり、太ってしまった時に「腹に肉がついたな~」という表現は間違いで、「腹に脂肪がついたな~」というのが正確な表現です。

 

少し脱線しましたが、とにかくお腹、脇腹には脂肪が蓄積されやすいのは事実です。

 

脇腹&横腹の脂肪がつく原因の1つ目は、普段あまり脇腹を意識して動かしていないということ。

 

もちろん、普段の食生活や運動不足が脇腹のたるみに起因することはあります。

 

しかし、運動をしているのに脇腹がたるんだままというケースは結構見受けられるんです。

 

運動しても脇腹がたるんでしまう原因こそが、脇腹をうまく動かせていないということにあります。

 

脂肪は運動をしていない箇所、つまり、動いていない箇所に溜まる傾向があります。

 

普段から腹筋運動をしていても、脇腹をうまく使えていないと、どんどん脂肪は蓄積されてしまい、いつまでたっても脂肪とサヨナラできない、という状態になってしまいます。

 

脇腹&横腹の脂肪が落ちない理由

 

脇腹・横腹の脂肪が落ちない原因は、先ほども説明した通り、日ごろから意識して動かせていないということにあります。

 

腹筋運動を行い、その中でねじれを加えても今一つ脇腹に刺激を感じることがないという方も多いでしょう。

 

また、お腹周辺は骨がないため、内臓を保護する必要が生じます。

 

したがって、自己防衛本能的にお腹周辺には脂肪が溜まりやすくなり、脂肪が落ちにくい原因ともなっているのです。

 

脇腹&横腹の脂肪の落とし方

 

体を保護するとはいえ、やはり脂肪がつきすぎていることは望ましいことではありませんし、見栄えもよくありません。

 

そこで、横腹・脇腹に溜まった脂肪を落とすために、何かしらのアプローチをとる必要があります。

 

脂肪を落とすための方法としては、以下の内容をおすすめします。

 

筋トレ

まずは、筋トレを行うことをおすすめします。

お腹周りは筋肉を付けることが難しく、普通の腹筋運動を行うだけでは横腹・脇腹の筋肉を鍛えることはできません。

そこで、横腹・脇腹の筋肉を鍛える際のコツは、「ねじり」です。

このねじりを加えることで、横腹・脇腹の筋肉を使用し、刺激が入ります。

まず始められるところとしては、通常の腹筋運動を行う際、体を起こした時にねじりを加え、1秒ほど静止します。

これによりサイドの腹筋を鍛えることが可能になります。

脇腹の具体的な脂肪の落とし方については、別の記事でも紹介していますので下記も一緒に参考にしてみてくださいね。

>>脇腹の脂肪の落とし方5選【男性編】

>>脇腹の脂肪の落とし方5選【女性編】

 

有酸素運動

有酸素運動によっても、横腹・脇腹の脂肪を落とすことは可能です。

脂肪を落とす際のポイントは、いかに脂肪をエネルギー源として利用できるか。

そこで、運動を行うタイミングが大事になります。

例えば、お腹いっぱい食事をした後にジョギングなどの有酸素運動を行っても、エネルギーとして消費されるのは食べた食事内容であり、脂肪がエネルギーとして使われることはほとんどありません。

ですので、有酸素運動を行う場合は、お腹が空いたタイミングがおすすめです。

空腹のときに有酸素運動を行うことで、体は使うエネルギー源がなくなり、脂肪を使わざるをえない状態になります。

ただし注意が必要すべきなのは、空腹で運動を行うということで、あまりに激しい運動は避けるということ。

水分補給はこまめに行い、体調不良を引き起こさないようにしましょう。

理想を言えば、筋トレの後に20分から30分ほどの有酸素運動を行うということです。

筋トレを行った後の体は、いわゆる飢餓状態にあるので、このタイミングでウォーキングなどの軽い有酸素運動を行うだけでも、脂肪は燃焼されやすくなります。

早朝、朝食の前に散歩を行うというのも、脂肪燃焼にとっては理にかなっているといえます。

 

ストレッチ

横腹・脇腹の筋肉は、日常生活で意識して生活をする人は少ないでしょう。

あまり使われることのない筋肉ゆえに、どうしてもたるみがちになってしまいます。

そこで、ストレッチをして筋肉に刺激を入れることをおすすめします。

やり方としては、まっすぐ立ち手を上に上げて、体を左右の片方どちらかに倒すというフォームをとってください。

しっかりと横腹が伸ばされているという感覚を持ち、ゆっくり呼吸をはきながら行うようにしましょう。

少し痛みを感じるくらいに伸ばすと効果的です。

ストレッチにより血行が促進されますので、腹筋運動を行う前にストレッチを行うという流れが理想的です。

 

マッサージ

運動やストレッチと並行してマッサージを行うことで、より横腹・脇腹の血行を促進できます。

マッサージといっても自己流でやると中々難しいものがありますので、正しい方法を身に付けた上で行うようにしましょう。

方法としては、脇腹の脂肪を前に持ってくる感じでマッサージするうにしてください。

参考動画も載せておくので、是非参考にしてみてくださいね。

 

【脇腹の脂肪解消マッサージの参考動画】

 

マッサージやストレッチの効果を上げるうえでは、水分をしっかりと補給し、老廃物を体外に出すように工夫をしましょう。

普通の水で構いませんので、こまめに水分をとりながら行うようにてくださいね。

 

まとめ

 

今回は「脇腹や横腹の脂肪がつく原因と落とし方」について紹介していきました。

 

脇腹や横腹の脂肪は、どうやって落とせばいいのかわからない方も多いと思いますし、腹筋運動にねじりをくわえて見ても、あまり引き締め効果を感じられなかったという方も多いと思います。

 

脇腹や横腹は特に普段から捻ることを意識しないと中々刺激が入らなかったりします。

 

なので、おすすめとしてまずは、ストレッチで脇腹や横腹を伸ばし刺激を与え、それからねじりを加えた腹筋を行うことで、脂肪を落としやすくなります。

 

どうせ脂肪を落として引き締めたいなら効率よく行いたいですよね。

 

特に、体を動かすことが習慣になっていないなら、できるだけ楽をしたいと思います。

 

楽して引き締めようという意識よりも効率よく引き締めようという意識で脇腹や横腹の脂肪落としに取り組むと頭も働くので、よりいい結果がついてきます。

 

脂肪がつく原因がわかれば後は行動にうつすだけ!

 

最初から気合をいれて取り組まなくてもいいので、今回紹介した脇腹や横腹の脂肪の落とし方を毎日できる範囲でいいので、まずは継続し習慣になるようにしていってくださいね!

 

着圧レギンスが今かなり人気注目の誰でも簡単に美脚を作るためのダイエットグッズ!

この着圧レギンスの効果で、芸能人やモデルさんのような細い足をゲットした方も結構います。

しかし、そのおすすめの着圧レギンスの中には足痩せ効果があまりないものも増えています。

そこで当サイトの管理人が実際に使ってみた着圧レギンスの口コミやダイエット友達の意見も参考に、着圧レギンスをランキング形式にしてみました!

着圧レギンスの選び方も一緒に解説しているので、着圧レギンスのチェック項目も一緒に確認し参考にしてみてくださいね♪

>> 人気の着圧レギンスおすすめランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA